株式会社HCSグループ

0120-234-110 営業時間 9:00~18:00

ご相談・お問合せ

HOME > シロアリ営業日報 > コラム > 自分でできるシロアリの有効な予防法

BLOG

営業日報 / コラム

2018.09.04

自分でできるシロアリの有効な予防法

カテゴリ: コラム シロアリ営業日報

Tags:

有効となる予防時期の見極め

白アリの予防を行う上で重要となるポイントの一つが最適な時期の見極めです。シロアリは羽アリの巣立ちなどの影響から毎年4月を時期を前後に新しい住処となる家を探すと言われています。種類によって若干の違いはありますが、1年で最も活動的になるのが4~7月で、これは福岡エリアも同様です。そのため、この羽アリの巣立ちのタイミングに合わせて1~3月の時期に忌避と呼ばれる対策を行うことが重要となります。

種類に合った対策グッズを購入する

一口にシロアリと言ってもいくつかの種類に分かれていて、有効となる対策はそれぞれ異なります。需要の増加によってシロアリ対策のグッズも数多く販売されているとはいえ、購入するグッズを間違えてしまうと最適な効果を得られなくなるので注意が必要です。

グッズを購入する時は自身が何を目的にしているかを明確にすることも大切になります。対策が大きく分けて予防と駆除の2種類になるので、すでにシロアリの被害が出ている人は駆除を、未然に防ぐ目的の人は予防をといった具合に状況に適した物を選ばなくてはいけません。

自宅の環境にも注意を払う

シロアリ対策をする上で自身の住居環境の見直しも大事なポイントの一つになります。シロアリにとって魅力に感じる環境であればどんなに有効な対策を行っても繰り返しシロアリがやってくるイタチごっこになってしまうのが実情です。大切なのはシロアリが寄り付かないようにすることで、そのためには不要な木材やダンボールの処分、湿気の温床となる物の排除といった心掛けが大切と言えます。

特に梅雨の時期は湿度の上昇とシロアリの活発な行動が重なる時期なので水の取り扱いには注意が必要です。

自分で手に負えない場合には業者への依頼も視野に入れる

シロアリは放置しておくと大事な自宅に大きな被害が与えてしまうこともあるので、日頃の予防はもちろん、被害が出てしまった場合の速やかな対策が重要となります。とはいえ、全く知識や経験がない人の中にはどういった対策を取ればいいのかわからずに頭を悩ませている人も少なくありません。もし対策方法がわからない、自分でやる自身がないという人は専門の業者に依頼をする方法も視野に入れることが大切です。

無料調査・見積りのご依頼

株式会社HCSグループ シロアリバスター110 0120-234-110

福岡店:福岡市南区弥永1-25-1
北九州本店:北九州市八幡西区陣原1-6-4
筑豊支店:福岡県直方市下新入552-2
コーポレートサイト https://www.hcs-group.co.jp/
シロアリバスター110 http://www.shiroari110.net/

▼加盟団体
公益社団法人日本木材保存協会 http://www.mokuzaihozon.org/
公益財団法人文化財虫菌害研究所 http://www.bunchuken.or.jp/

△ ページTOP

スタッフブログ しろあり奮闘記の紹介

お電話受付時間 9:00〜18:30 0120-234-110 お気軽にお問合せください  ※日・祝日定休

CONTACT